キノコ

夏休みの喧騒が通り過ぎ、静けさが戻ったキャンプ場。ふと気が付くとキノコが群生しておりました。これは「オオイチョウダケ」でしょうか
2018-08-29-kinoko-22018-08-29-kinoko-1
オオイチョウタケ(キシメジ科オオイチョウタケ属)
オオイチョウタケは成長が早く、大型のキノコで成長するとカサの直径が7~25cmにもなるキノコです。夏から秋の初めにかけてスギ林や竹林などの林内地上に群生する。大型になるきのこで、大群生する場合が多く、しかも食用になる。味はくせがなく、 様々な料理の食材として利用することができます。

2018-08-29 | Posted in blogNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment