不動滝が全く不動じゃない案件。

こんにちは。

来年も山籠もりの決意を固めつつあるオグラがお送りします。

久しぶりの投稿。

紅葉シーズン真っ盛りのため

なかなかゆっくり書く暇がなかったのです。

しかしシーズンだからこそ

情報発信せなあかんやろ!

ということで今回は「不動滝遊歩道」の紹介をいたします。

まず、ビジターセンター東側の広場を

星形の謎の焼け跡を横目に奥へ進みます。

不動滝遊歩道1

すると左手に遊歩道入口(看板設置予定)。

不動滝遊歩道4

テクテク進むとまだ色づかぬモミジ。

(川沿い、水辺は温度が高く、色づきが遅いそう。

水温の方が高いんですね、プールなどで実感。)

不動滝遊歩道6

真新しいかっこいい囲いがあったり。

(これいつの間にできたんでしょう。

知らぬ間にさまざまな工事が入る。#聖ヶ岩あるある)

不動滝遊歩道3

ちらっと写りましたが、川と並走しております。

(壊れかけのスマフォで撮ったとは思えぬ鮮やかさ、うむ。)

不動滝遊歩道5

まだ3、4分しか歩いていませんが休憩スポット。

(踏んだら何か起きそうな横スクロールアクション感。)

不動滝遊歩道7

するとすぐに頑丈な階段出現(やや急、注意)。

不動滝遊歩道8

階段を下っていると、姿を現す不動滝。

(おや?夏はひとつなぎの大瀑布であったのに何本かに別れて様変わり。)

不動滝遊歩道10

ここにも休憩スポットあり。

(この時期は利用する気になりますが、

夏の水量が多い時期はびちょびちょになるので注意。)

さて、これで不動滝遊歩道は終点です。

成人男性で5分、年配の女性はご夫人。

こちらはこれから紅葉を楽しめそうです。

ちなみにキャンプ場の方はというと。

キャンプ場1101

大部分は枯れてしまいましたが

まだ鮮やかに色づいた葉もあり

落葉と相まって良い雰囲気です。

静かでとても癒されます。

こういうものに感動し続けられたら幸せです。

 

次回は権太倉山「隈戸川源流登山口」の紹介を行う予定。

寝て待て!

それでは。

2015-11-03 | Posted in blogNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment